トップページ >  育毛剤ランキング2014 >  育毛成分が高濃度の育毛剤ランキング

育毛成分が高濃度の育毛剤ランキング

育毛剤を評価するうえで大事な点が、育毛成分の濃度です。 育毛成分の数が多くても、濃度が薄くてほとんど精製水だとしたら、その分効果は薄まります。
有効成分濃度が高い育毛剤ほど効きがよく、薄いほど効きが悪いと考えてよいでしょう。 もっとも良い育毛剤の特徴は、「育毛成分の数が多くて、有効成分の濃度も濃い」ことです。 自分にもっとも合うの育毛剤を選ぶときの鉄則です。


良い育毛剤の特徴は「育毛成分の数が多くて、有効成分の濃度も濃い」

有効成分濃度が高い育毛剤ほど効きがよく、薄いほど効きが悪いと考えてよいです。 もっとも良い育毛剤の特徴は、「育毛成分の数が多くて、有効成分の濃度も濃い」ことです。


順位 商品名 有効な成分の濃度 商品詳細詳細
生薬育毛剤 WAKA(ワカ) 100% 生薬タイプの育毛剤は、ほぼ原液
生薬育毛剤は、ほぼ原液タイプの育毛剤です。頭皮に塗るタイプといっていいでしょう。 育毛成分の配合種類数はそれほどではありませんが、濃度では有名な育毛剤です。
生薬育毛剤 WAKA(ワカ)
ブブカ 99%以上 育毛成分の配合種類数、有効成分率とものNo1
ブブカは、育毛成分の配合種類数では業界No1で有名ですが、特徴的なのは「有効成分率が99%以上」であることです。 育毛成分が多く、しかも濃度も高い、現在最強の育毛剤の1つといえます。
ブブカ
ヘアーリスペクト高濃度版 通常版50%増 ビタブリッドCよりエルゴチオネイン
割と知られていない商品ですが、ヘアーリスペクトは 活性酸素を取り除く抗酸化作用があるエルゴチオネインを頭皮に振り掛けるタイプの育毛剤です。 韓国でハヤリの「ビタブリッドC」を振り掛けるなら、ビタミンCより効き目のあるヘアーリスペクトがよいです。
ヘアーリスペクト高濃度版

男性用育毛剤 何でも殿堂入りランキング